• 2021 Event 3 Presentation - October 2

    2021 Event 3  JALT Hokkaido      (Japanese below)

    October 2, 2021 (18:00 - 19:30 JST)

    Creating a Space for CLIL: Strategies for Adoption and Implementation)  

    Presenter: Nate Olson

    Event finished. Link to videos (in four parts) of this event here:

    If you have any questions you can direct them to the presenter at his website

    Abstract:
    Content and language integrated learning (CLIL) is a dual-focused educational approach where students learn content through language and language through content, for example, learn History using English, and learn English through History. In recent years, CLIL has made inroads into Japan. CLIL has been heralded as a transformative pedagogy for better education and a teaching method able to nurture so-called globally competent people. However, English educators in Japan are still struggling on how to best adopt and implement CLIL in their teaching contexts. In this interactive session, the presenter will give a brief history of the approach, its theory, and how it fits into the current national policy for English education in Japan.

    The session is not intended to be a lecture, so please be prepared to share your own ideas and learn from your peers.

    How can textbooks be adapted to fit a CLIL approach? How can we scaffold for students’ content and language needs? How can we assess students with CLIL? These questions, amongst others, will be discussed during the session.

    The workshop focuses on the particular challenges of adopting and implementing CLIL for primary and secondary ALTs as well as post-secondary instructors. Within a series of breakout room sessions, participants will discuss CLIL concepts and strategies for overcoming challenges for their respective teaching contexts. Drawing from practice and research, the presenter will then share models, templates, and examples of CLIL and how it can be implemented in a variety of classrooms. From choosing a content subject to planning a lesson to creating tasks and projects, participants will take home helpful resources for building out their own CLIL lessons from scratch.


    Presenter Profile:

    Nate Olson is a PhD candidate in Applied Linguistics at Sophia University. Originally from Minnesota, he has lived in Japan for twelve years and taught English at all levels from elementary school to university. A former ALT and Prefectural Advisor on the JET Program, he has a M.Ed. in TESOL and currently conducts research on teacher collaboration for implementing CLIL in pre- tertiary contexts.

    タイトル: CLILのための空間作り:導入と実施のための戦略 日時:10 2(日)18:00-19:30
    発表者:ネイト・オルソン氏

    Location: Zoom

    下記の登録フォームから簡単な登録が必要です。ご登録を確認後、イベント当日にZ oomリンクとパスワードをメールでお送りします。

    CLIL(Content and Language Integrated Learning)とは、「英語を使って歴史を学び、歴 史を通して英語を学ぶ」というように、言語を通してコンテンツを学び、コンテンツを通し て言語を学ぶという二元的な教育手法のことです。近年、日本でも CLIL の導入が進んでい ます。CLIL はより良い教育のための変革的な教育法であり、いわゆるグローバルに通用す る人材を育成できる教授法であると謳われています。しかし、日本の英語教育関係者は CLIL をどのように導入していけばよいのか模索しているのが現状です。この対話型セッシ ョンでは、発表者がこのアプローチの歴史、理論、そして現在の日本の英語教育の政策にど のように適合しているかについて簡潔に説明します。このセッションはレクチャーを目的と したものではありませんので、ご自身のアイデアを共有したり、他の参加者から学んだりす る準備をしておいてください。
    CLIL アプローチに教科書を適合させるにはどうすればよいか?学習者における内容や言語 のニーズに合わせて、どのように支援することができるのか?CLIL における学習者評価は どうすればよいか?このような疑問を中心に議論します。
    このークショップでは、中等教育の ALT や等教育の師が CLIL を導入実施す るの課焦点て、いくつかのかれて、CLIL のコンセプトやそれぞれの 教育現で課克服するための戦略について議論します。そして、実と研究から導き出 された CLIL のデル、テンプレート、を共有し、様々な教でどのように CLIL を実施す ることができるかを説明します。内容の選択からレッスンの計画、タスクやプロジェクトの 成まで、参加者は自の CLIL レッスンをゼロから構築するために役立ソースを持ち 帰ることができます。

    寄付を ご検討ください。 ご寄付は下記の登録フ ォームから簡単に行うことができます。

    発表者略歴

    上智大学応用言語学博士課程に在籍中。ミネソタ州出 身、日本在住 12 年間、小学校から大学まであらゆるレベ ルで英語を教授。元 ALT で、JET プログラムの都道府県ア ドバイザーを務めた後、TESOL の修士号を取得し、現在は 中等教育までのレベルにおける CLIL 実施のための教師の コラボレーションに関する研究に従事している。

     



    2021 Event 2 HMSW - September 5