Upcoming events and news

2020 JALT Hokkaido Winter Language Teaching Conference

by Matt Cotter -

"Getting Creative: Avenues to Successful Practices in EFL".

This winter JALT Hokkaido is hosting a language teaching conference in collaboration with JALT Brain, Critical thinking and PIE (Performance in Education) SIGs. We welcome abstract submissions from teachers and researchers keen to share how creativity is re-shaping their teaching practice in any learning environment.  Submissions can be for: 50 minute/30 minute oral presentations (which includes 10 minutes for question and answer time), or poster presentations.

Conference Fees

JALT Members Free!

Non-members : Both days ¥3000 at the door (¥2000 if pre-registered)

                          One day ¥2000 at the door (¥1000 if pre-registered)


This year will be a two-day event. The event will begin with registration starting Saturday, February 1st at 9:30am. There will be a full line-up of presentations, student showcase, a symposium with leaders in education, and publisher displays on both Saturday, February 1st and Sunday, the 2nd from 9:30 am to 4:00 pm at Hokusei Gakuen University in Sapporo. There will also be a networking event on the Saturday evening.

Location

Hokusei Gakuen University C-kan, 6-7F

2 Chome-3-1 Oyachinishi, Atsubetsu Ward, Sapporo, Hokkaido 004-0042

Abstract Submissions

Submissions will be accepted for 50-minute presentations, 30-minute presentations, and poster presentations.

Presentation abstracts will be accepted until 5 pm on October 17th, 2019.

Acceptance notification will be announced by midnight, November 7, 2019.

All times and dates are based on Japan Standard Time (JST).

 

Click here to submit an abstract 

https://forms.gle/8oRmeK7BaZuYWBQ2A

g

ロス教授のスライド(とりあえずのまだ日本語が不十分なものです。)Andrew Ross's slides are being uploaded here. The Japanese translation is still not complete

by Eric Hagley -
まだ不十分な日本語訳をアップします。再来週ぐらいちゃんとした訳をアップします。
Here are Prof. Ross's slides with a "yet-complete" Japanese translation.

Harvard University's language center director, Andrew Ross, to present at JALT Hokkaidoハーバード大学のランゲージセンター長アンドルー・ロス教授の講演会

by Eric Hagley -

下記に日本語がある(Read the rest of this topicをクリックして、下までスクロールして下さい。)

JALT Hokkaido has invited Dr. Andrew Ross, the director of Harvard University's language center, to speak at Hokkai Gakuen University on August 4th, from 1pm to 3pm. (This is a poster to advertise the event)

Cost: 1,000 yen at the door, 500 yen pre-registered, JALT Members free, students free. Location: Hokkai Gakuen University (Toyohira-ku, Asahimachi 4-chome 1-40). 

Access: directly connected to Exit #3 of the Gakuen-Mae subway station (Toho Line). International Conference Room 6F, Library Bldg.

Pre-register here. (pre-registration closes at 5pm on the 1st of August)

Throughout Japan, and Hokkaido in particular, technology has had an enormous impact on education in general and especially on language education. Over the past few years, many national universities in Hokkaido have been sharing courses using technology. We are also seeing course contents being shared between educators and institutions and MOOCs are being organized more frequently. To cut costs, institutions are increasingly asking their educators to use technology to teach across campuses, but offering little or no incentive to do so, and not supplying teachers with the necessary training in some cases.

When we look at the issue from a global perspective it becomes even more complex. In Europe, telecollaboration and virtual exchange are changing the way campuses provide their students with courses and opportunities to study. Projects like the International Virtual Exchange Project also offer students opportunities to interact in an international setting without leaving their own country. But how does this fit into a traditional classroom?

We are very fortunate to have Andrew Ross the Director of the Language Center at Harvard University offer some views from the United States on some of the ways these issues are being handled there. Details of his talk are below.

Title

“The Foundation on the First Floor: The Language Center, Radical Change, and Globalization”

Abstract

At a number of US universities, a move to fully online language instruction is well underway, with a wide variation in approach.  Solutions range from massively open online courses (MOOCs) to small-enrollment courses that have adopted new approaches to language pedagogy, and significantly changed the pace at which language learning has typically occurred.  Arizona State University, a land-grant institution of 104,000 students located in the Phoenix metropolitan area, has in recent years become a national leader in the delivery of online courses and degree programs.  There are, as one would expect in an institution of this size, a number of different units that develop and deliver online and hybrid instruction across all areas of academic inquiry.  Among these are Global Launch, the Global Freshman Academy, and ASUOnline, which is tasked with delivering degree and certificate programs to students around the world.

In 2011, ASUOnline invited the School of International Letters & Cultures to offer a BA in Spanish entirely online.  This sparked an immediate move to develop and deliver online courses across the School’s curriculum.  Including Spanish, French, German, Italian, Vietnamese, and Chinese, approximately 300 courses are offered each year within the online context.  Over the past five years, the School’s Learning Support Services center (LSS) has pivoted from concentrating almost exclusively on “on-ground” courses and hybrids, to closely supporting online courses and focusing on the course development practices that will lead to more opportunities, and better designed and delivered opportunities, for the School’s students.

In this presentation, I will contextualize the shift in focus to online courses at ASU, outline the move toward a compressed course schedule and its challenges, and discuss the increasing centrality of the language center to the development and delivery of language and culture instruction at all levels, in all contexts.    I will offer an overview of the competitive instructional landscape at ASU, and situate SILC’s and LSS’s position within this highly fragmented space.  In conclusion, I will suggest that rather than decentralizing the place of the language center, online instruction offers centers opportunities to recast themselves and to extend their influence across intra-institutional boundaries in support of the university’s globalization efforts.

 JALT北海道は8月4日午後1時から午後3時まで、ハーバード大学のランゲージセンター長であるアンドリューロス博士を北海学園大学で講演するよう招待しました。

料金:玄関で1,000円、事前登録500円、JALT会員無料、学生無料。

場所:北海学園大学(旭町豊平区4丁目1-40)

アクセス:学園前駅(東豊線)3番出口に直結。 図書館棟International Conference Room

事前登録リンクはこちらへ (8月1日5時に終了致します)

 

ハーバード大学言語センター長、Andrew Ross氏講演会 in JALT北海道

日本全体に言えることですが、とりわけ北海道においてコンピューターテクノロジーの進歩は教育全般、特に語学教育の面で革新的な変化をもたらしました。数年前から、北海道にある国立大学の多くはそのテクノロジーを利用してコースを共有するようになっています。また、教員と教育機関の間でコースコンテンツが共有されるようになり、MOOCがより頻繁に開催されるようになりました。とは言え勿論良いことだけではありません。また、コスト削減のため、多くの大学では教員が複数のキャンパスを同時に受け持つことを求められるようになっています。しかし、そうした要求の一方で、そのためのインセンティブに関しては残念ながら全くお寒い状況です。コース運営に必要なトレーニングが教員に提供されないケースすら存在する有様です。

世界的な視点に立てば、問題はさらに複雑化します。ヨーロッパでは、テレコラボレーションとバーチャルエクスチェンジが導入されたことで、大学が学生に提供するコースと学生の学習の場に大きな変化が見られるようになりました。 例えばInternational Virtual Exchange Projectというプロジェクト等は、自分の国にいながら、国際的な環境で交流する機会を学生に提供しています。しかし、それと従来の授業との整合性を図るにはどうすればよいのでしょう?

問題は多岐に亘っており、一つ一つ解決していかなければなりません。大変嬉ばしいことに、今回はハーバード大学ランゲージセンター長であるAndrew Ross氏に来道していただくことになりました。これらの問題の解決方法について米国の視点から氏の考えを述べていただきます。氏の講演の詳細は下記の通りです。

 

講演会タイトル

1階に拠点を構え、急激な変化そしてグローバリゼーションに備える言語センター」

アブストラクト

米国の幾つかの大学では、オンラインでのみ実施する語学教育への移行が確実に進んでいますが、その形は様々です。大規模オープンオンラインコース(MOOC)から言語教育学への新しいアプローチを採用した小規模入学コースに至るまで、導入された方法は多岐に亘っています。それは、スピード面を含め言語学習の従来のあり方を大きく変えました。フェニックス大都市圏に位置する、ランド・グラント・カレッジであるアリゾナ州立大学(学生数104,000 )は、今やオンラインコースと学位プログラム配信の分野におけるアメリカのリーダー的存在となっています。これだけ規模が大きくなると、学問的研究のあらゆる分野におけるオンラインおよびハイブリッド教育方法の開発・提供には、多数の異なる担当ユニットの存在が必要になります。そして今、その中心的役割を担うGlobal LaunchGlobal Freshman AcademyASUOnlineといったユニットは、世界中の学生に学位および資格プログラムを提供しています。

2011年、ASUOnlineはオンライン教育だけでスペイン語学士の学位を授与できるよう、School of International Letters & Cultures に対しても参加を要請しました。その結果、大学のカリキュラム全てに亘ってオンラインコースを設置し配信することが可能となりました。スペイン語やフランス語、ドイツ語、イタリア語、ベトナム語、中国語等を含む、オンラインプログラムには毎年約300 のコースが用意されています。大学の学習支援センター(LSS)は、この5年の期間の中で、閉じられた「大学内」コースとハイブリッドコースに傾注することから、オンラインコースをしっかりとサポートする方向へと方針転換を行いました。そして学生のためにより多くの機会や良好なアクセス、優れた授業内容を提供すべく、コース開発プラクティスに力を入れています。

この発表では、ASUにおけるオンラインコースにフォーカスした移行に関するコンテキストについて述べ、コーススケジュールの圧縮およびそのチャレンジへの移行に関する概要を説明し、あらゆるレベル、コンテキストにおける言語および文化教育の開発と配信を担う言語センターの益々高まりつつある重要性についても議論します。また、ASUにおける優位性のある教育の展望について概説し、この高度に細分化された場におけるSILCLSSの位置付けについて述べます。最後に、大学のグローバリゼーションへの取り組みを支援するためには、語学センターの場所を分散させるよりはオンライン教育でセンターを再構築し、センター内の境界を越えてその影響力を拡大すべきであると提言してこの発表を締めくくります。

Older topics...